nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック

最近読んだ良書2冊

読書は相変わらず続けております。ビジネス書ですが。

中原淳氏の本を2冊読みましたので、紹介。新任マネジャーの苦しみと、どうやってメンバーに悪いところを伝えていったらよいか。

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

新品価格
¥950から
(2017/7/9 10:46時点)




フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)

新品価格
¥940から
(2017/7/9 10:46時点)




まず、新任マネジャーの悩みのほう。概ね的を射てますが、この本から受けるアドバイスがどうのこうのよりも、ああ、自分だけじゃなかったんだという安心感がうれしい。

フィードバックの本の方は、最初が理論編、後半が実践編と、最後に体験談のようなものが載っております。
体験談が一番参考になったかな。

ビジネス書をがっつり読んだのは久しぶりですが、勉強になりました。
チェック

スポンサーサイト

素晴らしいビジネス書発見

最近、ピアノのリサイタルをやっていたり、英語の勉強をやっていたりであまり普通の本が読めていない。

が、とあるきっかけがあってビジネス書を2冊読んでみた。

ビジネス書といっても、寓話。

カモメになったペンギンカモメになったペンギン
ジョン・P・コッター ホルガー・ラスゲバー 野村 辰寿

ダイヤモンド社 2007-10-27
売り上げランキング : 7865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とあるペンギンが、どうやって群れを変革していくか、を説いた寓話。1日の通勤で読みきれるが、なかなか内容がすっと頭に入ってくる良書。

で、この後に読んだのが、これ。

頑固な羊の動かし方―1人でも部下を持ったら読む本頑固な羊の動かし方―1人でも部下を持ったら読む本
ケヴィン レーマン ウィリアム ペンタック Kevin Leman

草思社 2005-08
売り上げランキング : 82852

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これは、リーダーシップとは何かを説いた寓話。寓話でもないか。なんというジャンルかわからないが。

こちらは、素晴らしかった。

いまいち自分がリーダーシップを発揮できている気はしないので、この本に書いてあることが正解かどうかは正直わからないのだが、書いてある7箇条に関しては、リーダーシップの「必要条件」であることは間違いないと思う。

「十分条件」であるかどうかは定かではないが。。。

ひさびさにこういう本を読んだが、なかなかグッとくるものがあり、とても勉強になった。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆☆
チェック

子どもの心のコーチング、を読みました

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

新品価格
¥596から
(2017/2/4 18:58時点)




書評は久しぶりですが。

子どもの心のコーチング、という本を読みましたが、なかなか刺さる内容でした。

急いでいる時など、子供がやることをじっと我慢して待てない私。よくないなぁと自覚はありましたが、改めてこう書かれるとぐさっときます。

・親がぴったりとくっついて、今どうふるまうべきかを指示したとしたらどうでしょう。子どもが自分で考えたり行動したりするところを、親がかわってやってしまったらどうでしょう。子どもは自ら体験するチャンスを失うのです。
・ヘルプは「できない」人のために、その人にかわってやってあげること。保護者がするのはヘルプです。一方サポートは、人を「できる」存在ととらえて、そばで見守り、よりよくなるために必要なときには手を貸すこと。サポートこそが、まさに親の仕事なのです。
・サポートは、「ああしなさい」「こうしなさい」と、逐一子どものするべきことを指示することではありません。子どもが自分で学び、発見できるよう、親が子どもの邪魔をしないことです。子どもの人生を子どもにまかせていくことです。
・自分の仕事を横取りされることは、子どもの生活には多いのではないでしょうか。ちょっと待てば子どもにも充分できるのですが、早くしてほしい親は「早くしなさい」と言いながら自分でやってしまいます。



また、子供がよく喋るのですが、たまに「うんうん」と相槌だけ打って、聞き流してしまうことがあります。忙しい時、特に。

・親に充分聞いてもらっていない子は、自分の気持ちをうまく伝えられません。親にすべての問題を解決されてきた子は、問題に立ち向かう勇気をもちません。



うーん、十分聞いてあげるようにしよう。

コーチングについては会社の仕事の流れで知識だけはありましたが、その説明についてもしっくりきました。

コーチは決して、選手(主役)にかわってプレーすることはありません。コーチの仕事は選手の才能を開花させることです。選手がよりよいプレーができるようサポートするのが仕事です。次の三つの条件を満たしたとき、親は子どものコーチになれます。 子どもはできることを知っている。 子ども自身がもっとよくなりたいと思っていることを知っている。 子どもが望んでいることが起きるまで待ち、必要なサポートは何でもしようとする柔軟性がある。



そういうことか。非常に勉強になりました。

子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

新品価格
¥596から
(2017/2/4 18:58時点)



チェック

マーカス・バッキンガムの著書を2冊読みました

最高の成果を生み出す 6つのステップ最高の成果を生み出す 6つのステップ
マーカス バッキンガム 加賀山 卓朗

日本経済新聞出版社 2008-06-24
売り上げランキング : 69256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと
マーカス バッキンガム Marcus Buckingham

日本経済新聞社 2006-01
売り上げランキング : 4238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マーカス・バッキンガム氏の著書を2冊読んでみました。
結構前に購入して一度読んだと思うのですが、改めて再読。

1つ目の、最高の成果を・・・のほうは6つのステップを1日ごとに実行していく形になっていますが、勢い余って1日で全部読んでしまったので、もう一度ステップを試しながら読んでいく必要があります。
自分のやりたいこと、やりたくないこと(得意なこと、不得意なこと)を書き出し、それをやらずに済むように環境を変えていく。書けば当たり前のことですが、これを徹底して実行していくことで、強みにフォーカスする。

2つ目の、最高のリーダ・マネジャーが・・・のほうは、まずリーダとマネジャーの違いなど丁寧に解説があります。納得できることばかり。
その上で、自分がどっち向きか考えてみましたが・・・正直、どっちにも当てはまっていると言わざるをえないw
最後のほうに、個人の継続的な成長に関して「自分がしたくないことを見つけ出し、それをやめる。」
また出てきましたが、本当に納得できる。

前回読んだ時の印象が正直残っていないのですが、今回は深く心に残りました。

最高の成果を生み出す 6つのステップ最高の成果を生み出す 6つのステップ
マーカス バッキンガム 加賀山 卓朗

日本経済新聞出版社 2008-06-24
売り上げランキング : 69256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと
マーカス バッキンガム Marcus Buckingham

日本経済新聞社 2006-01
売り上げランキング : 4238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チェック

不格好経営―チームDeNAの挑戦、を読みました

不格好経営―チームDeNAの挑戦不格好経営―チームDeNAの挑戦
南場 智子

日本経済新聞出版社 2013-06-11
売り上げランキング : 2135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DeNAの元社長、南場智子さんの著書。かねてから読みたいと思っていましたが、このたび飛行機の中でKindleで通読。

どんな知見が得られるか楽しみにしていたのですが、その前に、ストーリーとして面白い!

息をつかせぬ展開で、スピーディに読む事ができました。

調整ではなく決めるのが仕事であること、最後は自分の腹に聞くことを教わった気がする。



この意思決定については、緊急でない事案も含め、「継続討議」にしないということが極めて重要だ。コンサルタントから経営者になり、一番苦労した点でもあった。  継続討議はとても甘くてらくちんな逃げ場である。



「決定的な重要情報」が欠落しがちな起案者は優秀ではない。そのようなケースはDeNAでは少ないが、それを回避することにも気を使った。事案は決定の場で初めて経営トップに説明されるわけではなく、その前に「頭出し」として、報告を受けることが多い。そのときに、意思決定にはどのような情報がポイントとなるか、大まかにすり合わせておくことだ。そのような方法で、DeNAでは遅滞ない意思決定を実現してきた。



検討に巻き込むメンバーは一定人数必要だが、決定したプランを実行チーム全員に話すときは、これしかない、いける、という信念を前面に出したほうがよい。本当は迷いだらけだし、そしてとても怖い。でもそれを見せないほうが成功確率は格段に上がる。事業を実行に移した初日から、企画段階では予測できなかった大小さまざまな難題が次々と襲ってくるものだ。その壁を毎日ぶち破っていかなければならない。迷いのないチームは迷いのあるチームよりも突破力がはるかに強い



もともとコンサルだった南場氏は「提案」から「決断」と「実行」へのパラダイムシフトが大変だったそうで、この一文以外にも「決断する」大変さがたくさん出てきます。

また、スピーディな決断と行動の重要性。

不完全な情報に基づく迅速な意思決定が、充実した情報に基づくゆっくりとした意思決定に数段勝ることも身をもって学んだ。



本当に重要な情報は、当事者となって初めて手に入る。だから、やりはじめる前にねちねちと情報の精度を上げるのは、あるレベルを超えると圧倒的に無意味となる。それでタイミングを逃してしまったら本末転倒、大罪だ。



〝選択〟に正しいも誤りもなく、選択を正しかったものにする行動があるかどうかだけだと信じています。



リーダの重要性。

事業リーダーにとって、「正しい選択肢を選ぶ」ことは当然重要だが、それと同等以上に「選んだ選択肢を正しくする」ということが重要となる。決めるときも、実行するときも、リーダーに最も求められるのは胆力ではないだろうか。



ほかの諸々は誰かに補ってもらうことが可能だが、リーダーの胆力はチームの強さにそのまま反映される。



人の口説き方。

人を口説くのはノウハウやテクニックではない。「策」の要素を排除し、魂であたらなければならない。



以後、グッときた部分の抜粋。

同じ目標に向かって全力を尽くし、達成したときのこの喜びと高揚感をDeNAの経営の中枢に据えよう。互いに切磋琢磨し、ときに激しく競争しても、チームのゴールを達成したときの喜びが全員に共有され、その力強い高揚感でシンプルにドライブされていく組織をつくろう。そう決めた瞬間だった。



時代の波(この場合パケット定額制の普及による波)をとらえ、タイミングに合ったものを一番使いやすい形で出す。これを実現してナンバーワンになった者だけが、拡大の良循環を手にする。モバオクの成功は、このシンプルだが力強い真理を我々にすり込んだ。



1 全員が主役と感じ、ひとりひとりが仕事や成果にオーナーシップを感じるようなチームの組成、仕事の単位となっているか。 2 チームの目標はわかりやすく、そして高揚するに足る十分に高い目標となっているか。 3 チームに思い切った権限委譲をしているか。信じて任せているか。



読むとパワーをもらえる。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆☆

パワー不足の時に読む本。

不格好経営―チームDeNAの挑戦不格好経営―チームDeNAの挑戦
南場 智子

日本経済新聞出版社 2013-06-11
売り上げランキング : 2135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チェック

一流の育て方、を読みました

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる
ミセス・パンプキン ムーギー・キム

ダイヤモンド社 2016-02-19
売り上げランキング : 188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新幹線で読むために、品川駅で適当に購入。
子育てに役立つかなぁと思って。

キム・ムーギーは何度かコラムを読んだことがあるし、その母のミセスパンプキンもコラムを持っていて、読んだことがある。
その内容としては、難解なことでも平易に書けますよ、感を出しつつもどこか平民を見下した感じが拭えずあまり好きでもなかったのだが、本書もイメージとしは同じ。

ただ、役に立つなぁと思った記述も多く、上から目線を気にせず、内容を取捨選択しながら読めば十分楽しめる。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆

もう一度読むか読まないか、迷うところ。

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる
ミセス・パンプキン ムーギー・キム

ダイヤモンド社 2016-02-19
売り上げランキング : 188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チェック

読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する、を読みました

「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)
橘 玲

筑摩書房 2015-11-26
売り上げランキング : 3334

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本はなかなか面白かったです。

タイトルからは想像もできない世界が広がっていて、面白い。なんでこんな変なタイトルになったのか・・・

複雑系(フラクタル)、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義、についてささっと案内する、という感じ。

内容的には若干間違っているところもありますが、あまり気になりません。

いろんなテーマを広く浅く学べる良書だと思います。高校生あたりに読んで欲しいなぁ。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆

「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)
橘 玲

筑摩書房 2015-11-26
売り上げランキング : 3334

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チェック

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質、を読みました

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質
津田 久資

ダイヤモンド社 2015-09-18
売り上げランキング : 7335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質、を読みました。

いやーーーー!!!!しょぼかった!!!!!

この本、紆余曲折あってもらってしまったので読んだのですが、いやーーーー!!!しょぼい!!!!!浅い!!!!!

もう、コメントする気も失せましたw批判に値しない本です。

アマゾンのレビューを見ると、★5つをつけている人が非常に多い。

が、中身を見ると、明らかに関係者???wこの本しかレビューしていない、もしくはこの本と、他1品だけレビューしている人の非常に多いこと。

最近アマゾンのレビューはこの手のものが多く、信用できないですね・・・

みなさん、買ってはいけません。

nagoemon的5段階評価→ゼロ。星一つにも値しない。


チェック

池上彰三部作、がよかったです

最近、kindleで池上彰の3部作を読みました。
なかなか良かったです!

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界篇 (文春文庫)この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界篇 (文春文庫)
池上 彰

文藝春秋 2015-03-10
売り上げランキング : 13352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)
池上 彰

文藝春秋 2015-07-10
売り上げランキング : 31031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)
池上 彰

文藝春秋 2015-11-10
売り上げランキング : 12722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我々の世代は、教育の中で近現代史を教わる経験が非常に少ない。

我々が子供の時に起きた出来事で、子供ながらに「これってどういう意味だったんだろう」と思ったいろいろな出来事が、今、さらによくわかった、という感じです。

社会人として、教養として、身につけておかなければならない現代史が池上彰氏の分かりやすい口調によって解説されていくのはとても気持ちが良い。

文句なしにオススメできるし、新卒や会社の若い人たちにも是非読んでおいてほしい、と思いました。

 
チェック

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ、を読みました

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
三枝 匡

日本経済新聞社 2003-03
売り上げランキング : 7649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きなんですよね、こういうストーリー性のあるビジネス書。

今回は(も)経営の話です。

大企業から、赤字の小企業に送り込まれた社員が奮闘し、良い経営者になっていくというもの。

本が書かれたのはやや古めの時期ですが、今読んでも内容が間違っているとか時代遅れだとかは思いません。

何より、今の仕事に直結する内容があり、まさに仕事に活かせたところがあったのが良かった。具体的には言えませんが。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆☆

三部作ともに、名作の部類には入ると思う。



経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
三枝 匡

日本経済新聞社 2003-03
売り上げランキング : 7649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チェック

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。