nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

寝坊

昨日は大仕事が終わったので、早く帰ってみた。って言っても、いつもより40分ぐらい早いだけだけど。

帰って、ゆっくりご飯を作る。塩鮭を焼いて、鮭チャーハン。あと、春キャベツ。シャッキリ!
テレビを見ながらゆっくりいただきました。

そのあとはピアノ。いつもより1時間ぐらい長く練習。満足。

気付いてみると、就寝時間を大幅オーバー(°□°;)

その時、いつもより40分しか早くなかったことに気づいたのでした。

慌てて就寝。

そして、プチ寝坊。

急げーー!!
チェック

関連記事

コンサート行ってきました

ちょっと前の日記で紹介していたコンサート、行ってきました。

琵琶湖のほとりの綺麗なホール。うち(吹田)から名神高速乗って30分。意外に琵琶湖って近いのね。

ホールはほぼ満席。駐車場を見ると、長野や岐阜、石川など近隣の県から車が集まっているのが分かります。根強いファンがいるのね・・・


プログラムは、
・シューマン 幻想曲
・ショパン マズルカから2曲、ノクターンから2曲、エチュードから3曲
・グリンカ(バラキレフ編) ひばり

でした。
アンコールは

・ラフマニノフ プレリュードop.32-5
・シューマン アラベスク

でした。

もう、ハンパない演奏でした。なんていうか、日本人離れしているというか、ピアノから綺麗な音、激しい音など数多くの音色が出てきます。

日本人でこれだけの演奏が出来る人はいないでしょう。(音色を除いた)テクニックについてはいろんな人がいると思いますが、音色については彼女がピカイチだと思います。モスクワ音楽院で「こんな日本人は初めてだ」と言われるのも普通に納得できます。

見た目は地味です。弾いているときにオーバーなアクションは全くしません。必要最小限の動きしかしない。でも、出てくる音の幅の広さにビックリ。

今までいろんなピアニストのコンサートに行きました。
アルゲリッチもブーニンもキーシンも凄かったですけど、音色で感動したのは本当にこの人が初めて、と言えるぐらいです。

シューマンは技術的にも大変難しい曲ですが、それを感じさせない演奏でした。今まで聞いた事のあるのはゲルハルト・オピッツの演奏だけなんですが、比較するとオピッツの演奏が単調に思えてしまうほど練られたスバラシイ演奏でした。

ショパンはメジャーな曲が多かったです。特に、ノクターン。1番と2番の2曲を弾いてくれました。ノクターン2番って、メジャー中のメジャー。でも、まるで初めて聴く曲のような感動を覚えました・・・(ToT)スゲェ・・・

個人的に最も感動したのは、アンコールのラフマニノフ。Op.32-5。また、この曲がイイ曲なんだ。自分はラフマニノフの24のプレリュードの中で3曲挙げろと言われたら必ずこの曲を入れます。で、あまりのすばらしさに曲の間ずっと鳥肌が立ちっぱなし。ハァ・・・至福です。

まあ、コンサートの良さというのは文字でいくら説明しても伝わらないわけで・・・

次にもしいらっしゃる機会があれば、またブログ上でお知らせします・・・といっても多分関西にはもういらっしゃらないと思いますが・・・


・・・


という満足な気分で帰ってきて、夕食を食べながらナウシカのDVD見てました。

で、お約束の号泣。

ナウシカって、ナウシカとクシャナとラステルと、3人の姫様の物語なんですよね。
で、大ババ様とか、ラステルの母とか、女性が物語を深くしている。

ナウシカとクシャナは対するもののように見えるけど、似ているところもある。

ちなみに、クシャナの語源はおそらく「クシャトリア」でしょう。サンスクリット語の。戦争とか政治に従事した階級の人々の事です。「クシャナ」は名前で有りながら、戦争をも意味している。

ナウシカの語源ははっきりしません。ギリシャ神話のオデュッセイアに出てくるナウシカでしょうか。
ちなみに、ギリシャ語で「ナウス」とは舟のことなんですが、なんか関係は有るのでしょうか。

ちなみに、ナウシカ(Nausicaa)とクシャナ(Cusianaa)を見てて気づきませんか?
そう、この二人、アルファベットを並べ替えるとお互いの名前になるんですよ。

ナウシカのなかにクシャナがいて、クシャナのなかにナウシカがいる。

宮崎アニメにはこういう相似性を持った女性がたくさん出てきます。
トトロの、さつきとメイ。両方5月を表しています。
ラピュタの、ドーラとシータ。
千と千尋の神隠しなんて、そのままでしょう。

・・・っていうか、また宮崎アニメのマニアックな話になってきたのでここらで自重しておきます。オヤスミ、オヤスミ。
チェック

関連記事

弁理士という仕事

会社がらみの話なので伏せ字を多く使ってます。


うちの会社は出す商品の半数以上が「世界初」「業界初」。

必然的に、特許を出す機会が多いわけだが、特許に欠かせないのが「弁理士」。


特許は自分で出す事も出来るが、やはりプロの弁理士にお願いして書いてもらうのが一番手っ取り早くて正確。

で、今回も特許を出すので弁理士と打ち合わせした。それが1~2ヶ月前。

打ち合わせって、何をするのかというと、弁理士相手に特許の内容を話す。資料も作って、それに沿って内容の説明。弁理士はICレコーダーで録音しつつ、凄い勢いでメモを取りつつ、聞いている。分からないところは質問してきたりする。


弁理士との打ち合わせが終わった後に、特許関係の部署のボスに愚問を投げかけてみた。

俺「弁理士って高給取りと聞いたんですが、今日の特許を書いてもらっていくらぐらい払うんですか?」


BOSS「だいたい**万/件ぐらいかな」


俺「!!!!」


**万っていったら大金ですぜ・・・

その時出した特許は#件。**×#=♪♪♪万!!!

だって、3時間ぐらい話を聞いてメモして録音して、

で、帰って資料見て、ICレコーダー聞き直しながら書く。

書くのにどのぐらい時間がかかるか知らんが、まあ3日だとしよう。

3日+3時間で♪♪♪万円!?!?!?

凄いなぁ

っていうか、ボッタクリだろう





・・・・


なんて罰当たりな事を思っていた。



で、今日原稿が上がってきたので目を通した。

#件とも、50ページ以上ある超大作


っていうか、俺が説明したよりも遙かに凄い特許ができあがっている


プロとは恐れ入る・・・これだったら♪♪♪万円払うのも当然な気がする・・・



いやぁ、プロの凄さをまざまざと見せつけられました。

果たして、俺はプロと言える何かを持っているか・・・・頑張ります。



次に弁理士さん(いつのまにか さん付け)に会ったら、あの特許を書くのにどのぐらい時間がかかったが聞いてみようっと。


ちなみに、特許出願の対価として会社から△△万円頂きました。月給より多いです(笑)あぶく銭です。

誰か飲みにいこっぜー!!!
チェック

関連記事

演奏会のご案内

知り合いが演奏会をしますのでご案内。
次の日曜日です!

林久美子 ピアノリサイタル
4/20(日)13:30開場14:00開演
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 小ホール


第一部はシューマンの幻想曲、第二部はショパン中心のプログラムです。チケットは2800円ですが、2000円でお渡しできるようです。

林さんは生前の(?)ラフマニノフに似た奏法で、テクニックはもちろん音色が非常に綺麗で、モスクワ音楽院でも非常に評価の高かった方です。普段、僕はあんまり人に演奏会を勧めたりしないんですが、この人は凄い人で、驚くほどの色彩感溢れる音色がスバラシイので、珍しく紹介しています(笑)ビックリするほど音きれいなので、多くの人に体験してもらいたいなあ、と思って。
あと、普段は北海道にお住まいのピアニストなのでこちらに来るのは珍しいので・・・

もしチケットご希望の方がいましたらメールででも教えてくだされば用意しますので、ご連絡下さい。
チェック

関連記事

お花見

土曜日は、会社の新年度経営方針発表会がありました。

場所はリーガロイヤルの隣のグランキューブ(国際会議場)。

大ホールは2000人級のホールでした。こんなところでピアノコンサートやってみたいなぁ・・

それはさておき、6時に終わったので彼女と合流して花見に行ってきました。

1年前も行った思い出の場所です。

絶好の花見日和で、夜なのに暖かかったし、満開でした。キレイ・・・

そうそう、うちは万博公園に近いので、万博の桜を見に行こうと思っていたのですが、なんとうちの近所にも桜が大量に生えている事がわかりました。

最近、平日でも毎日30分ぐらい散歩に行ってます(笑)

桜サイコーです!!

明日は本降りの雨。散ってしまうのか・・・
チェック

関連記事

仕事の話

今日は真面目に仕事の話。

うちの会社は電機メーカ。僕は開発ですが、開発にはおおまかに分けて「回路」「構造」「ソフト」があります。

「回路」は一つですが、構造の場合、光系だと「光学」に切り分けたりもします。

「ソフト」も「本体ソフト(組み込みソフト)」「PCアプリ」とあり、本体ソフトの中でもいろんな分野があったりします。

僕は今開発中の物件で「回路」をやっているのですが、「PCアプリ」もできるので、回路の実験で必要なソフトなんかをよく作ります。

回路の実験をするとき、手動でやらなければならない実験でも、PCアプリを作ってパソコンから実行させればほっといても実験が出来ます。ラクチンラクチン。

ところが、最近自分の仕事とは全く関係のないPCアプリの仕事が舞い込むようになってきて、かなり忙しくなってきました。

連休前までにこれこれのソフトを作れ、と。普通に考えて1週間ぐらいのボリューム。通常の回路の仕事をしながらそっちまでやれってか!!しかも今回路大変なのに。

というわけで、楽しようと思ってやっていたPCアプリが最近首を絞め始めています。

しかも、PCアプリって複数のソフトで作る事が出来るんですが、もともとEXCELのマクロからスタートした私は断然VB.net。

でも、会社で要求されるPCアプリはC#で作れと言われています。

あんまり違わないようで結構違うVBとC#。

C#なんてどうよ。まず、行末に「;」をつけるのがめんどくさい。

・・・なんか何を言いたいのかよく分からなくなってきた上に、話がマニアックになりそうなのでこの辺でサヨナラ、サヨナラ。
チェック

関連記事

FC2Ad