nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

日射病

今日は暑かったので、午前中~昼にかけてホームセンターやスーパーに買い物に行って、本読んだりくつろいで、午後4時過ぎから庭仕事を開始しました。



が!!!



午後4時とはいえ、まだ日射しが強い・・・


15分ぐらい、芝生に目土入れしたところで、あまりに暑くて頭がガンガンするので、休憩。


嫁さんも草むしりしてましたが、休憩。


聞くと、嫁さんも頭がガンガンするらしい。


これは日射病では!?



ネットで調べてみると・・・



症状一致!!


割れるような頭痛、暑いけど汗が出ない、吐き気、など。



ということで、そこで作業中断。


家に入って水飲んで扇風機にあたっても(注:我が家の今夏冷房デビューはまだ)、まだ頭ガンガン。嫁さんも全く同じ症状。


とりあえずしばらく休んで、庭仕事再開。最低限の作業だけして、残りは来週に。


シャワー浴びてベッドでしばらく寝てたら良くなりました。


が、日光があんなに怖いものだとは、初めて知りました。。。


いままでこんなことなかったんですが、もう年でしょうか。


とりあえず来週から注意します。
チェック

関連記事

久々の東京

月曜に有休をとって、日・月と東京に行ってまいりました。

目的は、ピアノ探し。


前にも日記に書いたかもしれませんが、nagoemonは1900年代前半のピアノがこの世で最も良い音がすると信じています。そのころのニューヨークスタインウェイなんて、ハンパないいい音がします。ちゃんと弾ければだけど。

昔は作り方も木もよかったんですよね。。。

最近のピアノは、スタインウェイでもなんか画一的な音しかしなくて正直つまらない。個性がないように感じます。

でも、この選定が正直難しい。

50年以上前のピアノって、保存状態とか、使ってた人の使い方でそれこそピンキリです。変な業者で買うと変な物をつかまされる可能性もあります。なので、信頼できる業者からしか買えません。

で、信頼している業者が日本に2つありまして、そのうちの1つが関東圏なので、今回東京まで行ってきました。

試弾したのは、
・1960年スタインウェイフルコン
・1890年ベヒシュタイン
・1935年ジュリアスカールホフマン
・1950年ごろのブリュトナー2台
・1930年ごろのファッツィオーリ2台

とりあえず風呂が沸いたので、感想などはまた後日・・・
チェック

関連記事

PTNA大阪地区予選

昨日は、知る人ぞ知る、PTNA(ピティナと読む)ピアノコンペティション 大阪地区予選に行ってまいりました。


早い話が、ピアノのコンクールです。


今回聴きに行ったのは「ぐらんみゅーずB1かてごり」というカテゴリー。PTNA初心者の私にはよくわかりませんが、アマチュアで40歳以下の部門らしい。ってことはnagoemonも出られるのですが、当然聴衆として行きました。


私は今までそんな大それたものには出ようという気すらなかったのですが、友人が何名か出てるらしいという情報を聴きつけて、こっそり応援に。


ホールの隅っこの方で、ばれないようにひっそり聴いてみよう・・・


と思って行ったのですが、大阪地区予選なので人数が少なく(30名程度)、ホールも小さくてモロバレ状態・・・知人に何名か会いましたが、知人の演奏聴くのって自分より緊張するので、ハラハラドキドキです。


このコンクール、1時間ごとに休憩があります。一人6分(ぐらい?)×7~8名の演奏があり、その後10分程度の休憩。で、また別のグループの演奏があり、という感じ。


で、コンクールって結構当日欠席がいるのですが、その時は欠席した人の分はグループ内で時間が前倒しされます。でも、次のグループの開始時間は変わらないので、欠席者が多いと休憩時間が30分とかになります。


で、30分の休憩中にホールの外に出て、芝生でお昼寝。


次の休憩も、お昼寝。



ってやってたら、








むっちゃ日焼けしました(゜Д゜)


ピアノコンクールと日焼け、因果関係ゼロです・・・
チェック

関連記事

FC2Ad