nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック

【書評】いかにして問題を解くか 読了

いかにして問題をとくかいかにして問題をとくか
G. ポリア 柿内 賢信

丸善 1975-04-01
売り上げランキング : 4645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読了しました、「いかにして問題を解くか」

これはいわゆる数学の問題を解く方法を述べている解説書ですが、ただ数学の考え方というのはビジネスで突き当たる壁や問題とも解法が似ているわけで、それで「ビジネス書」のくくりでとらえて読まれているビジネスマンも多いそうな。

ただ、私は純粋に数学の本として今回読ませていただきました。

ビジネス書の書評では「実例(数学の問題)は飛ばして解説だけ読むのでも十分勉強になる」などと書かれているのですが、私は逆で、やたらと多くて雑多な「解説」よりも、時折出てくる数学の問題を解いてみて、その解答とその周辺を読んで、というのが一番しっくり来ました。

普段、問題を解く時に心がけてはいるんだけど、そんなに系統だって整理していない人が多いと思いますので、頭の中をスッキリさせる意味では名著と言えるでしょう。

ただね、、、いかんせん、
・内容がまとまってなくて散文的になっていること
・メソッドがまとめられているのだが、日本語の50音順になっているだけなので、最初から通読するとあまりに唐突に項目が出てきて面食らう
・昔の本なので、文語体が多い

など、読み手を阻むたくさんの障害が出てきます。
さくっと読み進められる本ではありませんが、興味のある方はどうぞ。

nagoemon的5段階評価→☆☆

5月の読書量 先月の読書量
248ページ  (2302ページ)
1冊      (10冊)
31ページ/日  (77ページ/日)


いかにして問題をとくかいかにして問題をとくか
G. ポリア 柿内 賢信

丸善 1975-04-01
売り上げランキング : 4645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

チェック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagoemon.blog56.fc2.com/tb.php/520-1c553bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。