nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック

MADE IN JAPAN、を読みました

MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)
盛田 昭夫 エドウィン ラインゴールド 下村 満子

朝日新聞社 1990-01
売り上げランキング : 6032

Amazonで詳しく見る


だいぶ前に出版された本だが、この本を読んだキッカケは、会社の先輩。

あまり尊敬できる先輩ではないのだが(爆)、非常にユニークな考え方をする人。

その先輩が、この本を読んで「メーカーに入社しよう!」と決意したほど、影響を受けた本らしい。

と言うのを聞いて、読みたくなってしまったのだ。



出版されたのは1886年で、もともとは英語で出版されたらしい。

著者の盛田氏はご存知の通り、SONYの創業者の1人でいらっしゃいます。

貿易摩擦で日米間の関係があまりよくなかった頃、アメリカ人に、日本人の経営を理解してもらおう、と出版されたのが初めだったようだ。

それがそのうち日本語に翻訳されて逆輸入の形で入ってきたとか。成り立ちも面白いですね。

____

本の最初のほうは戦争のくだりですが、下手な戦争本を読むよりもよっぽど印象に残ります。

盛田さんの実体験に基づく話だからかな。

中盤からはメーカの話。SONYの。

アメリカに遠慮することなく、とにかく思ったことをバンバン書いてあるw

そういう、信念がある本気の意見に共感されたのか、今では20カ国語以上に翻訳された大ベストセラーになったようだ。

日本人気質系の本でこれだけのベストセラーと言えば「武士道」「茶の本」以来ではないか。

内容としては古くなく、今の経営でも十分に通用する話。

私も日本人としての良いところ悪いところ全て受け止めて、これからもメーカーの仕事を頑張っていきたいと思う。

ただ、本の内容が良いだけに、今のSONYの元気のなさが残念でならない。

やっぱり創業者がいなくなって凡庸な経営者(SONYの場合は少し前に超ひどい経営者に変わった時期があるので不運もあると思うが)になってしまうと凋落してしまうのだろうか。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆☆ 殿堂入り

MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)
盛田 昭夫 エドウィン ラインゴールド 下村 満子

朝日新聞社 1990-01
売り上げランキング : 6032

Amazonで詳しく見る
関連記事

チェック

トラックバック

トラックバック URL
http://nagoemon.blog56.fc2.com/tb.php/551-53079fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。