nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック

他人の演奏を聴くということ

皆さんこんばんは、久々にピアノの話題でも書いてみようかと思ったnagoemonです。

私は、他人の演奏を聴くのが大好きです。

自分で弾くのももちろん好きですが、聴くのも大好き!!

アマチュアの演奏であっても、プロの演奏であっても、素直に音楽が好きだし、感動も好きだし。

俺ハートフルだし。

あと、演奏を聴いたあと、すごくモチベーション上がります。「俺も帰って練習するぞ!」みたいな。

皆さんもご経験、ありませんか?

人の演奏を聴いて、「俺も(私も)すぐに帰ってもっと練習したい!」と思うこと。




私、いつもそんな気分になるのですが、ただ、アマチュアの演奏後とプロの演奏後では少し感情が違うことに最近気づきました。

まず、アマチュアは感情移入できます。

特に男w

その中でも特にガタイのいい男www

めっちゃ共感できる。

ピアノ弾いてても「デブがピアノ弾いてキモいwww」とか言われながら頑張ってきたんだろうな、と(被害妄想w)

閑話休題。


実は、先週末にアマチュアの友人2人(2人ともかなり年上のオジサンなので、友人と言うのが憚られるのですが)の演奏を聴く機会がありました。


私は、二人とも、仕事がすごく忙しいのを知っています。

で、オジサンだし、太めだし、忙しいのによくがんばっていると言うのも共通して、感情移入。


しかし、途中から違和感を覚え始めた。


この二人の演奏のクオリティが高すぎて。


なんでこんな忙しい中、そんなたくさんの曲を、そんな高いクオリティでまとめられるのか。


所々、練習が足りてなそうな所はありましたが、全然気にならない。

むしろ、細部まできちんと練習されてて、弾き込まれていると感じる部分の方が圧倒的に多い。



いや、多忙なアマチュアでもこのクオリティの演奏。

そして、「それに自分を重ねていた自分」を恥じる気持ちの方が強くなってきました。


自分の演奏は、練習時間が全然取れないこともあり、細部まで全然詰められていない妥協演奏。

全然違うやん、と。


悔 い 改 め ま す !


では、ごきげんよう♪
関連記事

チェック

トラックバック

トラックバック URL
http://nagoemon.blog56.fc2.com/tb.php/573-da12ec7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。