nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

インタフェースデザインの心理学、を読みました

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針
Susan Weinschenk 武舎 広幸

オライリージャパン 2012-07-14
売り上げランキング : 4662

Amazonで詳しく見る


デザイン系の本、何冊かまとめ買いしましたので書評が続くかもしれません。

この本は、タイトル「インタフェースデザインの心理学」とサブタイトル「ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」だけ見ると、ウェブやアプリの開発に使えるデザインテクニック100!のように見えるが、実践的な内容はほとんど書いていません。

従って、この本を読んだからと言って、ウェブやアプリに新たな視点をもたらす!ことはまずないと思われます。

心理学の論文を噛み砕いて紹介、という内容なので、まずそこが少し肩すかしでした。

実践テクニックが100個書いてあるかと思っていたので。

かなりの肩すかし。



かといって、内容が面白くないわけでもなく、含蓄はあります。

ただ、たまに記述が不正確で厳密さに欠けたり、論理が飛躍したりする部分があるのが残念。

読んでいて、「ん?」と思う不整合が結構な頻度であります。

論文の原著を読めばそんなことない気もしますが、たぶん要約の過程で落ちてしまったのだろう、と思われます。

個人的に面白かった項目をいくつか:

電車内での携帯電話での通話の声がなぜ迷惑なのか
 → 電話の相手の声が聞こえないので、会話内容を想像し補完しようとして脳がよけいに働くから、らしい



「報酬」を条件に何かをさせてしまうと、逆に「報酬」がない時にそれをやりたくなくなる。できるだけ、外的報酬ではなく内的報酬でやる気を出させないといけない
 → これは直感的に理解していたが、実験内容と結果を見たのは初めて。納得。



データより物語の方が説得力がある
 → 今度社長との打ち合わせのときに試してみよう。いつもは理詰めで説明しているので、物語風に変えてみたら面白いかも。



達成が難しいことほど愛着が湧く
 → ゲームとか、確かにそうだな。自分の作っている商品のユーザーインターフェース、簡単に、簡単に、を心がけているが、それでいいのだろうか、とふと思った。



などなど。

有名なマズローの欲求の話とか、忘却曲線の話とか、認知心理学(って言うんでしたっけ?)の内容は一通り網羅されているので、面白いのは面白いです。

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆

会社に置いておこう。

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針
Susan Weinschenk 武舎 広幸

オライリージャパン 2012-07-14
売り上げランキング : 4662

Amazonで詳しく見る
関連記事

チェック

トラックバック

トラックバック URL
http://nagoemon.blog56.fc2.com/tb.php/584-da0b7e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad