nagoemonの個人的備忘録

ほぼ、個人的備忘録。趣味のピアノについて、ビジネス書の読書感想文、お気に入りガジェット、などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック

デザイン思考が世界を変える、を読みました

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ティム・ブラウン Tim Brown 千葉 敏生

早川書房 2014-05-10
売り上げランキング : 1632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いわゆるIDEO本のなかでも、一番内容が濃い気がします。

「デザイン思考」についておさらい。

デザイン思考は、人間中心であるというだけでなく、人間の本質そのものとも言える。直感で判断する能力。パターンを見分ける能力。機能性だけでなく感情的な価値をも持つアイデアを生み出す能力。単語や記号以外の媒体で自分自身を発信する能力。それを重視するのがデザイン思考だ。



まさにそう思う。

最近のデザイン思考ブームでは、やれ「ブレインストーミングする」とか、「短期間で試作を作る」とか、そういう手法的なところにフォーカスされがちだが、そもそもデザイン思考とは上のような「考え方」なのだ。うむ。

本書の中で共感できたところを幾つか引用。

最適なアイディアがまとまると、プロジェクトチームはあえて楽観的にふるまうが、ときおり極度のパニックに襲われる。恐怖が完全に消えることはないが、経験豊富なデザイン思考家ほど心の準備ができており、一時的な気分の落ち込みに惑わされない。デザイン思考は、山から山に優雅にジャンプするようなものではなく、私たちの気質やコラボレーション能力を試すものだ。しかし、忍耐には驚くほどの成果で応えてくれるのだ。



そう。この「パニック」と「恐怖」たまに訪れることがある。

そういうときに信念がないと揺らいでしまったりコンセプトを曲げてしまったり妥協してしまったりしてしまうものだが、みんなこんな風に恐怖を感じてるんだ、と共感できた。

もっと具体的に書きたいところだが、仕事の内容は書けないので、もどかしいw


自分が仕事をしている上で、ここ変えて欲しいなぁと思うのが、以下。

クリエイティブチームには、間違いを犯す時間、空間、予算を与えるべきなのだ。



私もいわゆる「クリエイティブチーム」に所属していると自負しているが、うちの会社は、「ハイリターンなことをやれ、でも、リスクは低くしろ、失敗は許さん!」という雰囲気である。

いや、無理やろ・・・

というわけで

nagoemon的5段階評価→☆☆☆☆☆

また読もうっと。

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ティム・ブラウン Tim Brown 千葉 敏生

早川書房 2014-05-10
売り上げランキング : 1632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




関連記事

チェック

トラックバック

トラックバック URL
http://nagoemon.blog56.fc2.com/tb.php/635-bdf8eb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。